ごあいさつ

株式会社堀内発條製作所 代表取締役 山崎一吉

当社は昭和30年スプリングワッシャーメーカーとして発足以来つねにお客様のニーズに応えることをモットーに当初より自動化生産の技術開発を行い、 高性能を追求、更に昭和35年よりプレス加工部門を設置、主に通信機器用ラグ端子の規格化を進めるとともに電子機器等の需要拡大に伴い合成樹脂材料のプレス 加工技術(複合化、自動化、省力化)に取組み、同時に高精度の金型設計の開発を進めてまいりました。

現在当社が生産するプレス加工製品は産業用、民生用、電子機器部分品をはじめ、特殊精密部分品等の多様化が進められている各産業分野に幅広く使用され、 国内および海外の各主要メーカー様においてご愛顧いただいております。

今後、更なる技術改革を進め品質管理を強化し、多様化する時代のお客様ニーズに対応した高度の製品づくりに邁進する所存でございます。

なにとぞ宜しくお願い申し上げます。